忍者ブログ
はす視点
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


朝まで起きていた。
明け方頃に皆既月食があるって話だったけど、厚い雲がかかって見えず。
夫の人も早起きしてきたので、久々にゆっくり朝ご飯。
目玉焼き&トースト。
食べた後、眠くなって寝落ち。昼頃起き。

テト縫いの合間の気晴らしに、裂き織りを始めてみた。
まだ準備の段階だけど。
少し前から、自分の中で「裂き織りやりたい熱」が高まっていて。
今年の誕生日プレゼントは、織り機を買ってもらおうかと思ったくらい。
でもちょっと待て。自己分析。
ほんのいくつかのことは、しつこいくらい続けるけど、他は飽きっぽい。
だから、何かを作ろうと思っても、その時が最初で最後って思わないと。
どうせ1個作ったら満足して飽きちゃうんだから。
そう思ったら、けっこうなお値段の織り機を買う気にはならない。
ネットで調べると、段ボールで織り機を作っている人が結構いるみたい。
昔買った手芸雑誌を引っ張り出して読んだりもして、参考にして。。。

saki1.JPG
↑見よう見まねで、それっぽい「段ボール裂き織り機」を作った。

適当なサイズに切った段ボールに、溝をつけた段ボールを重ね貼り。
縦糸は、30番のレース糸。白。
織り機の凸凹の溝と、編み棒にひっかけながら、縦糸を張る。

saki2.JPG
↑オリジナルの工夫ポイントは、縦糸をひっかける凸凹の部分。

先人の知恵では、カッターナイフで切りこみを入れるらしいんだけど。
凸凹にカットできるクラフトはさみを持っていたので、利用してみた。

saki3.JPG
↑こんなの。ちゃちいけど、薄い段ボールなら何とか切れた。

ほんとは5mm幅くらいで縦糸を張りたいんだけど。。。
凸凹の長さと微妙に合わないので、1つの溝に2本かけてみた。
これだとちょっと目が細かいと思うんだけど、まぁいいや。
これが吉と出るか凶と出るかは、織ってみないとわからない。

saki4.JPG
↑今回使おうと思っている布たち。

横糸となる裂き織りの布は、処分しようと思っていたシャツがメイン。
あとは手持ちの布の中から、青っぽい布を選んで使おうと思う。

saki5.JPG
↑布は細く裂くっていうか、印をつけてひたすらはさみで切っていく。
 ジグザグに1本の長いテープ状になるようカット。端の角は落として。

saki6.JPG
↑シャトルっぽいものも段ボールで適当に作って、裂き布を巻いて。

布の種類ごとに、こんなのを何本か作ってから、織る作業にかかる。
今はまだ1本ぶんしか準備できていないので、先の長い話。

こないだのバイアステープの時も、ちらっと思ったんだけど。
これだけの量をカットするなら、ロータリーカッターが欲しいかも。
あともちろん、長い定規と、でっかいカッターマットも。
すいすいカットできたら、気持ちいいんだろうなぁ。なんて思う。
まぁでもそれも、買って使うのは最初だけってことになりそうだよな。
仕事でやってるんじゃないし、今できるやり方でゆっくり作ろう。

saki7.JPG
↑辛抱たまらんで、ちょっとだけ試し織り~。
 シャトルにいっぺんにたくさん巻かない方が織りやすいと思った。


夕方、ちょっと一休みと思って横になったら寝落ち。
夫の人は残業で、帰ってくる前に目が覚めて良かった。
帰ってきた時にはまだご飯準備していたので、また肉を焼いてもらった。

IMG_3484.JPG
↑夜ご飯。味噌汁・ご飯。

IMG_3485.JPG
↑キムチ奴。

IMG_3486.JPG
↑かぶ&キュウリのサラダ。

IMG_3487.JPG
↑下からもらった、小アジの酢漬け。超うまし。

IMG_3490.JPG
↑夫の人が焼いてくれたアスパラ&牛肉を焼いたやつ。うまかったー。

夫の人が焼く肉は、うまいなぁ。
前の記事キャベツ炒め
次の記事ゴーヤ
- HOME -
Powered by  忍者ブログ | [PR]
最新記事
(06/06)
(01/01)
(12/31)
(12/30)
(12/30)
(12/29)
(12/28)
ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Twitter
レンブラント
PR